キャッシング 審査

キャッシング審査のポイント

キャッシング審査

金融機関でお金を借りるには、審査が絶対不可欠です。信用度をみているので、申し込みの際の嘘の入力はやめましょう。「勤続年数や年収はなんとなく、嘘を書いても大丈夫?」そんな事はありません。まずバレますので審査にプラスどころかマイナスに働きます。

 

低所得でも、収入があればお金は借りれる可能性はあります。しかし、複数の消費者金融での借金がある場合や、クレジット利用などの、支払い遅滞が何度もある場合は審査に落ちることがあります。「自分はチョット心配だから!」なんて人は注意して下さい。申し込みの段階だからといって複数の金融機関に申込みをすることは控えたほうがいいです。今は、インターネットで情報を共有時代なのですぐにある程度の個人の信用度はわかります。1度に何箇所も審査申込みをするということで、審査におちる可能性があります。

 

審査に通過したら、本人確認が必要なので、身分証明書や、勤務先や自宅の本人確認が入ります。消費者金融の会社名は伏せての電話ので、キャッシングをしていることがバレることはまずないです。審査と本人確認出来れば即日でキャッシングできるカードローンも多数あります。。さて、肝心のどこのサービスがよいでしょうか?

 

【関連】カードローンで借金を一本化するメリットは

 

テレビでCMされている会社は、返済方法、顧客対応、利率、計算方法どれをとっても明確です。ネットで残高確認が出来たり、返済期日前にメールでお知らせがきたり。返済期日をすぎてしまうと、信用がなくなって次回借り入れしたい時にできなくなります。又、延滞金が付きかなりのパーセンテージです。ご注意下さい。

キャッシングの申し込み方法は多種多様になっている

キャッシング審査

キャッシングを利用してお金を借りる場合は、銀行や消費者金融などのカードローンの商品を展開している機関へ申し込みを行い、審査を通過しなければなりません。近年はキャッシングの申し込み方法も多様化し、様々な媒体を利用して申し込みを行うことができます。キャッシングの申し込みは、店舗で行う方法を始めとして、郵送や電話、インターネットなどを利用して行うことができます。

 

店舗で行う方法にはさらに、店内の窓口で従業員とやりとりしながら申し込む方法と、店舗に設置されている無人契約機を操作して申し込む方法がありますが、機械的に申し込み作業を終えられる後者の方法が利用されることが多いです。また、近年はインターネット上から申し込む人も多くなっています。

 

インターネット上からの申し込みは少額の借り入れを行う場合に特に有効で、本人確認書類,収入証明書等を携えていれば、外出先や旅行先であってもその場で申し込むことができる手軽さがメリットです。一方、郵送による方法は、他の方法と比較するとキャッシングが利用できるようになるまでに時間がかかることが多いため、申し込み方法としては利用されなくなってきています。しかし、仮審査後に行う本審査の際に郵送で必要書類の提出を求める金融会社もあり、郵送によるやりとりが無くなったわけではありません。

キャッシングを利用する時には金利をしっかり計算

キャッシング審査

キャッシングはお金に困った時にすぐに貸してくれるため、上手に使えば非常に便利なものではありますが、金利というものが発生するだけに、その点をしっかり計算に入れておかないと、後々大きなトラブルにつながってしまう事があります。キャッシングは金利が非常に高く、返済が難しいと思っている人も多いかもしれませんが、実際にはしっかりと計算をしてお金を借りればそのようなことにはなりません。しかし、金利の負担というものは決して軽いものではないため、無計画にキャッシングを利用すれば後々返済に行き詰ってしまうということは十分にありえる事なのです。

 

そのため、キャッシング自体は危険なものでも何でもありませんが、無計画にお金を借りると返済が難しくなってしまうものだということはしっかりと覚えておく必要があります。逆にこの点をしっかりと抑えておき事前にしっかりと金利の計算をしておき、返済に対する計画を立てておけば無理のない範囲でお金を借りる事ができ、急なお金のピンチを乗り切る事ができるため、非常に便利なものとなってくれるのです。キャッシングが危険だというのはあくまでも使い方の問題であって、計画性を持って使えばお金の悩みを解消する事ができる便利なサービスになるのです。